2018年インバウンド(訪日外国客) 数は過去最高 約3119万に達し、
消費額は約4兆5,189億円にまで成長しています。
今後も、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博に向けて増加が見込まれます。
こうしたインバウンド需要の増加に合わせ、対策を始められる企業も増えてきています。

今回のセミナーでは、インバウンド対策で成果を出すポイントを
インバウンド最前線 大阪のインバウンド対策を主導される
公益財団法人大阪観光局 マーケティング室室長 牧田 拡樹氏
株式会社Payke 事業戦略室 杉山元紀に語っていただきます。



開催概要 

開催日: 4月22日(月)17時00分開始(16時30分受付開始、19時00分終了予定)

会場: 大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービス PLAZA 6階 貸会議室 2号室 地図

定員: 30名

参加費: 無料

*同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
*定員を超えた場合は先着とさせていただきます。



プログラム

16:30-    受付開始

17:00-18:30 セミナー本編 

講演「現状の大阪インバウンド課題と対策とは」公益財団法人大阪観光局 牧田 拡樹氏

講演「訪日外国人のニーズを把握!失敗しないためのインバウンド対策」株式会社Payke 杉山元紀

18:30-19:00 質疑・応答

講師紹介 

公益財団法人 大阪観光局 マーケティング室 室長 牧田 拡樹氏

通信キャリア勤務を経て(公財)大阪観光局でWi-Fi立ち上げを任される。担当1年目から「Osaka Free Wi-Fi」をスタートさせる。このほか、観光インフラ業務を兼務。2017年4月より新設されたマーケティング室の室長を務める。

株式会社Payke 事業戦略室 事業推進責任者 杉山元紀氏

外資系コンサルティングファームにて、大手メディア・人材サービス企業に対して、デジタルマーケティング戦略の策定並びにハンズオン支援、営業組織改革、デジタルマーケティング組織の統合検討、RPAを活用した営業企画業務改善、カスタマーCRM分析などの業務に従事した後、Paykeにジョイン。事業計画策定や全社KPI管理、B2B戦略策定並びに業務執行統括を行っている。